年末12月引っ越しの事情を知ろう

年末の引っ越し

可能であれば、夜、気になっている物件を見に行くのもいいでしょう。
誰もが行うのは「盛塩」
いま持っているものが納まり、且つ今後増えそうなものも収納できるだけのスペースがあるかどうかを見ておきましょう。
大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
・近所にスーパーがあったほうがいい
ガスは料理だけでなくお風呂にも使いますので、ガス代を安く済ませたいひとは都市ガスの物件にしましょう。
→賃貸住宅の場合、家賃を月末まで払うケースが多く、月末ギリギリまで旧居にいて引越しは月末を選ぶケースが多いようです。
もっとも簡単で一般的な方法としては、「盛塩」による厄除けがあります。
・収納の広さ
六曜を選ぶ!
午後になるとあまり日差しが入りませんので、冬場は洗濯ものを
引越し料金が一番高くなる時期は、一般的に2-3月と言われています。
防音にこだわるひとは、不動産屋に鉄筋コンクリート造り且つ、壁式構造の部屋を依頼しましょう。
[関連記事]?交渉は苦手・・・でも安くしたい!人のための引越し費用を抑える値段交渉術まとめ
大学が近くにある場合は、同じ物件に学生が住んでいることもありますので、夜学生たちが騒いでうるさい場合もあるでしょう。
逆に音沙汰もなく、あったとしても事務的且つ親身ではないところはイマイチな不動産屋です。

氏神という考え方は日本古来からある考え方ですが、「これからこの土地に住まわせていただきます!」というご挨拶をするという意味で、
南向き、東向き、西向きの順で一般的に良いとされています。
年末年始の引越し事情
スーパーやコンビニ、病院などはチェックするひとが多いでしょう。
その他の方角を見ていきましょう。
いままでの家具、家電が使えるかどうか
「どうしてもこの時期でないといけない!」というのであれば早めに業者に連絡をしておくべきです。
他の方々はどんなことをしているのでしょうか?!

年末年始の引っ越し

 

12月・年末年始引っ越しのポイント

1年間で一番引越し料金が高くなる時期は2-3月
下駄箱や床下収納、収納として利用できそうなロフトなどがあれば尚良いでしょう。
引越しをするにあたり、まず確保しないといけないのが、引越し先の新居です。
1週間の中では、やはり土日祝日の料金が高くなる!
とはいえ、縁起はやはり多少は気になるもの。
午後の日差しがありますので、洗濯ものは乾きます。西日が嫌いでない人や朝の日差しはとくに必要ではないと言う人は、西向きの物件を選ぶといいでしょう。
収納はあればあるほど生活に便利です。物件を探すときは、収納の広さもチェック項目に入れておきましょう。
自分には関係ない施設だからと、ノーチェックでいると、住んでから後悔するかも知れません。
・ペットOK
注意しなければ引越しのときに今まで使っていた洗濯機が置けないというトラブルが発生します。
物件を選ぶとき、部屋の広さに気をとられがちですが、収納の広さもチェックしておきましょう。
ネットワーク設備は十分か
12月1月引越しであれば(特に12月!)今すぐにでも見積もり依頼をかけてしまうのがベストです。
一般的には南向きが好まれますが、夜勤が中心のひとなどは、北向きのほうが
この時期は、学生の入学・就職時期と会社の人事異動による転勤が重なり、引越しの年間ピークとなります。
・防音がしっかりしている建物がいい

新居を探すときは、まず必ずすべきことは自分の譲れない条件をリストアップすること。
そう思われがちですが、それは違います。
南向きは日差しが常に入りますので、洗濯ものがよく乾き、冬は暖かいというメリットがあるからです。
次に、これらの優先順位を付けることが大事になってきます!
1.引越し業者が12月31日と1月1日・2日は休業としている場合がある
小学校の通学路や、幼稚園バスの停留所において、朝や夕方騒がしいかもしれません。

 

12月の引っ越し

 

年末年始引っ越しの場合の年末調整

料金交渉をしましょう!
進学や就職などで新居に移るなどで、この時期に引っ越すのがやむを得ない場合以外では、2月3月はできる限り避けたいですね。
住民税は翌年1/1時点で住所がある地方自治体に対して支払することになるので、この点間違いがないように書類提出しましょう!
では、公園や小学校、大学などはどうですか?
自炊をするならキッチン周りもきちんと確認しておきましょう。
午前中に干さなければ乾かないという問題があります。
北東は鬼門にあたり、南西から北東は鬼門のラインにあたります。
10月:企業が下半期突入し、人事異動による転勤引越しが急激に増えます。
8月:社会人はお盆休みや夏季休業でまとまった休みがとれて、子供も2学期の始まる前の夏休み期間中に転校したいという需要が高まります。
時間帯を選ぶ!
午前中に始めて午後に片づけを希望する人が多いため、午後便やフリー便(引越し会社の都合に合わせた時間帯になる)の場合は、引越し料金が安く設定される業者が多いです。
12月・1月の引越しで引越し料金を下げるために!その1
などなど、人によって色々な希望があるでしょう。
こういったことで後悔しないために、周りにある建物や、住んでいる人がどういう人なのかもチェックしておきましょう。
すぐに折り返し連絡をくれたり、送ってくれた資料に細かいことを書き添えてくれたり、
いまやインターネットは生活の一部となりました。

こうなると新しい家電を買わなければいけなくなり、余計な出費になります。
また、お風呂やトイレに置くと浄化効果アップがはかれ、徹底して厄を除けたい人は、家全体からみて「北東」と「南西」に位置する場所に置くのがよいようです。
不動産屋によってはお客の要望を聞いて、親身になってくれるところもありますが
携帯、スマホ、タブレット端末、パソコン、いろいろな電波が飛び交っています。
12月・1月の引越し料金は安いのか?!
「12月は夜逃げの時期だからやめておいた方がいい」という話や「仏教の祭事にある1月5月9月は避けた方がいい」という話など諸説ありますが、若い人はとくにこの点気にしない人が多いようです。
エアコンも、機種によって大きさが様々です。取り付ける箇所に、すでに持っているエアコンが合うかどうか見ておきましょう。
鉄筋コンクリート造りのなかでも、ラーメン構造と壁式鉄筋コンクリート構造があり防音性は壁式のほうが上です。
ゆっくり眠れるなどメリットがあります。
物件選びの時は、つい駅からの距離や広さといった点を重視しがちです。
気持ちよく新居に移れるように、まずは不動産屋探しから、慎重に行いましょう。
物件選び、譲れない条件を決めておこう!
入居してしまってから「携帯が使えない!」となると大変ですよ。
この時期は不動産業界も引越し業界も一番の繁忙期で、賃貸物件だと良い物件の取り合いとなるため、気に入ったらすぐに契約しないと無くなってしまうことも。

 

引越しを年末にする

 

年末12月引越し料金について

物件選びのときに、忘れがちなのが「いままで使っていた家具や家電が入るか」です。
曜日を選ぶ!
そこから先は、予算との相談ですね!
IHかガスコンロか、またプロパンガスか都市ガスか、物件によって様々です。
年末年始の引越しの注意点
「六曜など気にしないぜ!」という方は、引越し料金が安くなる、大安以外の日、特に仏滅の日に設定すれば料金を下げることができます。
12月引越しで気になる運気・縁起担ぎの話
物件を選ぶ前に、まず不動産屋選び
■西向き:東向き:北向き:
12月1月の引越しは縁起が良くない、と言われることがあります。
月を選ぶ!
引越しの時に不要品を処分したとしても、新居の収納が狭くては、持っていったものが全て入らず困ってしまいます。
・南向きがいい
特に家族を伴った新居への引越しなどには、是非行っておきたいところです!
でも夜はゆっくり寝たい、まわりの騒音が気になる人は、鉄筋コンクリート造りの物件を選びましょう。二重床、二重天井であればなおさら防音効果があります。
後回しにしがちな業者への見積もりですが、ここが料金引き下げの一番のポイント。ウェブで3分で見積もり申し込みは完了できるので、先に申込みだけ済ませて業者には後から電話連絡してスケジュール決定するのが良いでしょう。

2.帰省・Uターンラッシュにぶつかると交通渋滞でトラックが進まず時間がかかることがある
2-3月が最大の繁忙期ですが、続いての繁忙期と言われるのが8月と10月。
1年の中では2月〜3月と、8、10月を避ける!
スケジュールがキツキツだと足元を見られかねないので、
不動産屋の名前と「評判」「口コミ」などで検索すると、不動産屋の情報がわかることがありますのでそれらを参考に、不動産屋を選びましょう。
物件を見に行ったときは、お手持ちの携帯、スマホがしっかり電波を受信できているかどうかも確認しておきましょう。
こういった対応の悪い業者に当たらないように、まずは不動産屋の情報を集めましょう。
基本的に吉日が高く、大安の日は、引越し料金は最も高くなります。

 

引越しを12月にする

 

1月に引越しする場合の相場

そういったデメリットはあるものの、南向きはほかの方角よりも好まれています。
口コミや評判を探す以外にも、不動産屋の良し悪しを事前に調べることはできます。
一日中日差しがない状態なので、夏場であれば洗濯ものは乾きますが、冬は洗濯ものが乾かないうえに、とても寒いでしょう。
意外に洗濯パンの大きさは物件によって違うんです。
さまざまな視点から物件を選びましょう。
→この時期を外すことができれば引越し料金はかなり安くできます。
12月1月の引越しで引越し料金を下げるために!その2
ガスに関して言えば、プロパンガスよりも都市ガスのほうが安いです。
近所にある建物をチェックしよう
不動産屋に「こういう物件を探しています、あったら教えてください」とメールまたはファックスを送るのです。
会社員であれば、会社から配布される年末調整書類に住所を記入する必要がありますが、仮に12月に引越しが決まっている場合には、引越し先の新住所を記入することになります。
この時点での対応でも、不動産屋の良し悪しが分かります。
引越し料金を安くするために、必ず以下の点は押さえておきましょう!
交渉というと難しく感じる方も多いと思いますが、交渉の魔法の言葉は、
盛塩の置き場としては、玄関が一般的ですが、外でも中でも大丈夫です。
「どこでも同じ大きさでしょ?」と思っている方!

たとえば洗濯機を置くための、洗濯パン。
・駅に近い方がいい
・2階がいい
引っ越し業者も、買い手市場からいきなり売り手市場に変わり、値引き交渉がやりづらい時期となります。
また、トイレにトイレットペーパーなどをストックできる棚や、キッチンに吊り戸棚などがあればより一層便利です。
また、土曜日と日曜日なら、土曜日のほうが高くなります。
賃貸物件によっては光回線が入っているところがある一方で、携帯電波すら十分に飛んでこないところもあります。
複数の引越し業者に見積もりを取ることで各段に料金交渉が有利になるので引越し侍などの大手見積もりサイトで2、3社は見積もりを取るようにしましょう。
「ご希望とは少し違いますがこういう物件もあります」などと提案してくれるところは良い不動産屋でしょう。
上記の2-3月や8、10月に比べればまだまだ料金的には低くできますが、それでも12月はやはり忙しい時期ですので、引越しをするなら早めに業者への見積もりを済ませるべきでしょう。
旧年中に色々な物事を終わらせて、新たな気持ちで新年を迎えたいという気持ちはわかりますよね!
キッチン周りのチェック
月中の時期を選ぶ!
希望条件を満たせば満たすほど、賃料は高くなりがちですから、
これが結構多いようです。
「ほかの業者はこれくらいの金額で出してくれているんですが・・(おたくはいかが?!)」

→当然ですが、引越しを土日祝日のお休みの日にやる人が多いです。
「購入した新居への移転や建て替えを今年中に終らせてスッキリ新年を迎えたい!」
厄除け、場の浄化、運を引き寄せるといわれる開運方法ですね。
逆に南向きは、夏がとても暑いです。冬場のエアコン代はさほどかからなくても、夏のクーラーは必須です。暑いためクーラーも強めにかけないと効果がありません。
生活スタイルに合わせて方角を決めましょう。
昼と夜では雰囲気が違います。騒がしさや、治安もチェックできますので、借りる前に、一度夜、物件を見に行くことをおすすめします。
物件選びの際、気をつけるべき細かい点
一般的に賃貸への引越しの方が、新築物件や建て替えよりも簡易的に済ませるケースが多いようです。
・ルームシェアOK
不動産屋を訪れる前に、インターネットで不動産屋の情報を仕入れてみましょう。
「不動産屋なんて、どこでも同じでしょう?」
逆に「ファイルのなかから勝手に物件を探して」と客に丸投げするようなところもあります。
土曜日に引越しを済ませて、日曜日に片づけという需要があるためです。
住みやすい方角
あなたの感覚で「ここは信用できる」と思える不動産屋が見つかれば、そこに実際に赴いて、物件探しの依頼をしましょう。
選ぶ時間があまりないからと、適当に決めてしまうと住んでから後悔するかも知れません。

月初と月末なら、月末のほうが料金が高くなる!

 

引越しを1月にしたい

 

 

年末年始の引っ越し業者選びのコツ

また、交渉を有利にするためには、こちらに余裕があることが重要。
そこで気になる12月ですが、12月は「師走」(しわす)と言うだけあって、引越し業者のみならず、世の中全体がとても忙しい季節です。
・ロフトが欲しい
本格的に厄払い開運を行う場合は、引越し先の新居があるエリアの氏神様である神社に参拝するのがお勧めです。
建物の構造と防音
引越し業界も例外ではなく、この時期の需要としては、
上記の理由から、年末年始でみたときに、年末のほうが引越し需要が高いようです。逆に年始は、新年のあいさつ回りや実家への帰省などで忙しい時期のため、年末に比べれば極端に引越し需要は下がります。
物件を探す時、多くの人が重視するポイントのひとつに「方角」があります。
公園は、昼は小さい子ども、夜になると中学生や高校生の溜まり場になりうるさくなる可能性があります。
よくある疑問-年末調整や住民税の話
それも大切なことですが、細かい部分のチェックも実際に住むにあたり大切なことです。
安いならうるさくてもいい、そう思っている人はどのような物件に住んでも大丈夫でしょう。
エアコンの室内機と室外機の距離も見ておきましょう。あまりに遠い場合は延長ホース代などがかかりますので、引越し代にそれらも含まれることを念頭に置いておきましょう。
同様に、冷蔵庫を置く場所と、すでに持っている冷蔵庫の幅や奥行きなどもチェックしておきましょう。
そもそも、値段交渉の前に「引越しをやってもらえるかどうか?」の心配が必要になってしまう時期です。

引越しを12月